自毛植毛の術後について

自毛植毛は、自分の髪の毛を採取し、髪の毛のない部分に、発毛に関わる毛根の細胞ごと移植することで、その後、ヘアサイクル通りに髪の毛が成長することになります。



手術が終わったからといっても、それだけですぐに定着するというわけではなく、術後の期間は、発毛させるための毛根の細胞を移植した部分に定着させるということが大切なことなので、定着した毛根から発毛、成長させるために術後はとても重要となります。



自毛植毛の手術を行ったあとは、移植された株が瘡蓋を形成して、頭皮に定着するまでの期間になるべく負担をかけないようにしないといけません。
ただ、感染症を防ぐためには、清潔を保つことも重要となるため、洗髪も必要となります。


移植した部分はシャワーも刺激となってしまうため、弱めにするか、霧吹きなどで濡らす程度にします。


毛根が定着するための期間の数週間は、ケアに気を付けておけば、この語、普段通りのシャンプーをしたりすることができます。



自毛植毛の術後の定着までの期間の過ごし方は、患部への強い刺激を与えないことが必要となります。

激しい運動はある程度の期間は出血の怖れがあるため、控えておく必要があります。
運動ができるようになっても軽いものから始める必要があります。


自毛植毛は、定着すれば特殊なメンテナンスなどは必要なく、より自然に近い状態になるので、術後の定着までの期間は刺激を避けて、しっかりと定着するように努めることが大切です。