自毛植毛のメリットとデメリットについて

薄毛の治療には様々な方法がありますが、自毛植毛には他の治療法と違ったメリットが多くあります。



まず、自毛植毛は、自分の髪の毛を植えるということから、拒絶反応がないということが挙げられます。



成功率も、95%と高い確率で成功しており、薬の処方による治療などには個人差がありますが、自毛植毛にはそういった個人差はなく、誰でも高確率に薄毛を改善することができます。


また、一度施術をすれば、後は普通の髪の毛と同じようにメンテナンスをするだけで大丈夫です他の治療法の場合は、定期的に続けなければいけなかったり、定期的なメンテナンスを行わなければいけないため、その分出費も高い反面、自毛植毛なら定期的に通院をしたりする必要もありません。また、移植するのは、自分の髪の毛なので、自然な仕上がりになります。


また、歳をとって白髪になったとしても、植毛した部分だけ黒く浮いてしまうとうわけではなく、しっかりと周りの白い髪と併せて白くなります。ただし、デメリットも存在します。


まず、自分の髪の生えている場所を移動するだけなので、全体的な量には変化はないため、植えることができる本数には限りがあります。
そのため、どこから何本移動させるかなどをしっかり考える必要があります。



全体的に薄毛が進行しているという場合には、本数が少なすぎて施術が行えないということもあります。
また、手術は、一度の手術で増やせる髪の密度には限界があるため、何度かに分けて行わなければいけません。